忍者ブログ

2017
05
30

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/05/30 (Tue.)

2009
04
13

映画みた




DSC00818.JPG




DSC00816.JPG

「お花は断然α200で!」派だったけど、
「W170で撮ってもけっこういいかも」派になりました。

vivicamでも撮りたかったこの黄色。
見事に潰れる様を見たかった。


・・・SONY W170
-------------------------------


暖かすぎる陽気にやられて、
謎の体調不良に見舞われてたので家で大人しくしてました。
ひさしぶりに映画見ました。


・イーグル・アイ
待望のスピルバーグ製作総指揮の最新作だったのに、
映画館に行けなくて結局家でDVDになりました。
監督は名前は忘れましたが、「ディスタービア」の方だと思いますが、
主演がデスタービア同じラブーフ君なのと、題材が使い古されたネタだったので
デスタービアほどの真新しさを感じない作品でした。
ただ、アクションはとにかく派手でラストも見事なハッピーエンドなので、
見終わったあとすごいスッキリした気分になりました。
映画はこうでなくちゃー!


・デイ・オブ・ザ・デッド

ゾンビ映画の進化をとても感じた。
今回のゾンビはちょっと凄い。
全力疾走はもちろん、それに加え、
天井走るわ、壁よじのぼるわ、車に乗るわ、ラジオ聞くわ、マシンガン打つわ、
身体能力高い高い。

あげく「味方ゾンビ」まで現れて、
私の中のゾンビ映画のイメージがしっちゃかめっちゃかになりました。
ストーリやキャラクターが云々とか細かい事はどうでもいいです。
ゾンビ映画の主役はゾンビなので、これだけでもう十分良い映画だった。

ところで、
「ゾンビに噛まれた人は感染してゾンビになる」というのが
一応ゾンビ映画の暗黙のルールだと思うのですが、
デイ・オブ・ザ・デットはもう、細かい説明も何もなしに、脇役が
「噛まれたらおしまいだゾンビになるぜ」みたいな事を突然言ってて、
今までそんな流れ一切なかったし、
(噛まれたー!ゾンビになるのかー驚いたー!ひー!みたいな・・・)
周りの人間も普通にそれを受け入れてて、そういうのが非常におもしろかった。

だってもし今、私の住む町でゾンビが現れたら、誰からの説明がなくても、
私も普通に「噛まれたらゾンビになるー!」って思うと思うんです。
あと誰からの説明が無くても「急所は頭だ!」って思うと思うんです。
そういった意味でデイ・オブ・ザ・デッドに妙なリアリティを感じました。


 あと、まだ見てないけど、「ティンカーベル」もレンタルしてきた。
予告だけで本当可愛くて綺麗でかなり癒されてたので、
やっと本編が見れると思うと見るのがもったいないくらいウキウキします。
気候のせいで頭がなんかフワフワしてる毎日なんですが、
ティンカーベルなんて見たら益々フワフワしそうです。

普段からわりとフワフワしてる方なのでさほど問題はないけど、
ティンカーベルみたいに飛べるわけじゃないので、
交通事故とかにはきをつけます。
 

拍手[0回]

PR

2009/04/13 (Mon.) ■生活

最新記事

カテゴリー

ランキングバナー

写真を気に入っていただけたら押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

駒子のヒトコマ

愛パグ“駒子”のブログ
komabana.jpg

メールフォーム

写真・イラストのご意見ご感想など、何かありましたらお気軽に送ってやってください。

Bookmark