忍者ブログ

2017
08
22

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/08/22 (Tue.)

2009
04
30

自転車



壊れた自転車が沢山放置してある、

自転車置場にある、

一部の自転車の、



一部。





IMG_0281.JPG










IMG_0282.JPG









IMG_0283.JPG



この最高の錆具合は

「撮ってください」と言ってるようなものだと思います。


・・・Canon PowerShot G10
----------------------------------

ウォーリーを見ました。

公開を鼻息荒くして指折り数えて待ってたわりには、
気がついたら劇場は終わってました。
というわけでやっとDVDが出たので見れました。

深刻なゴミ問題を放棄して、宇宙へ逃げ出した人間達。
荒れた地球に置いてぼりにされた、ゴミ処理ロボットウォーリーが、
人間に派遣され地球にやってきたロボット「イヴ」に一目ぼれをし、
一生懸命交流を図ろうとします。
しだいに仲良くなっていくイヴとウォーリーですが、
ある日イヴが突然宇宙船にさらわれてしまいます。
それを追ってウォーリーも宇宙へ飛び出します。
こんな感じ。

冒頭数十分はまったくセリフが出てきませんが、
ウォーリーのひとつひとつの行動や動きが、
とにかく愛らしいので全然気にならないです。
ピクサー作品のキャラって最初は「あまり可愛くないかも」と思ってしまうのですが、
(見終わったあとにすごい可愛く思えるというオチ)
ウォーリーは予告を見た時から可愛かった。作品を見たらもっと可愛かった。
ゴキブリすらも可愛かった。

そしてストーリーも想像以上にロマンティックで素敵でした。

草食男子系のポンコツロボットウォーリーと、
凶暴な優秀ロボットイヴというカップルが現代風でおもしろかった、


最初は巨大宇宙船で生活するダメすぎる人間世界に恐怖すら感じて
若干気持ち悪かったのですが(ディズニーにはめずらしい)
後半はわりとポジティブな流れだったので問題はありません。
ウォーリーとイヴの心温まる愛のストーリーの中に、
「人間は変われる」という隠れた深いテーマを感じました。

ピクサーは本当にはずさないですね、毎度驚く。
そしてサブキャラの可愛さも毎回異常だと思います。
今回は「モー」にメロメロになりました。

拍手[0回]

PR

2009/04/30 (Thu.) ■生活

最新記事

カテゴリー

ランキングバナー

写真を気に入っていただけたら押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

駒子のヒトコマ

愛パグ“駒子”のブログ
komabana.jpg

メールフォーム

写真・イラストのご意見ご感想など、何かありましたらお気軽に送ってやってください。

Bookmark