忍者ブログ

2017
06
23

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/06/23 (Fri.)

2008
08
25

2008.08.25



0ba73de7.jpg

向かい合わせのイス




DSC09594.JPG

ワゴン車の模様




DSC09582.JPG

綺麗な鉄格子



・・・SONY α200
-----

ずいぶん涼しくなってきたので
ウキウキしながら秋の予定を立てています。
猛暑すぎて断念した場所が沢山あるんですが
確実にひとつひとつこなしてゆきたい!

遊びの事になると真剣です。

-----
DVDレンタル半額キャンペーンやってて、
調子に乗って10本借りてきました。
今週も怒涛の映画週間になりそう。
かなり楽しみ。

●宇宙戦争
劇場で一度見たのですが、なんとなくもう一度自宅で見てみました。
やっぱりすごく面白いです。
劇場で見た時はオチに唖然としてしまいましたが、
ラストを知った上で、改めて見るとまったく気にならなかった!
そんな事はもう、どうでもいいとさえ思える。
スピルバーグ監督の演出が本当に大好き。
度肝を抜かれるスケールの大きさ、にいつも大喜びしています。

●プレステージ
とある悲しい事件をきっかけに、
若い二人のマジシャンが憎しみ合い、マジシャンとしての成長と共に、
おたがいの復讐がエスカレートしていく憎悪劇。
映像も役者も演出も超一流だと思った。いっきに引き込まれる世界観。
過去と現在を織り交ぜながら、衝撃のラストへ向うわけですが、
ストーリーの見せ方も本当におもしろいです。
しかし、二人の男の憎悪劇が理解を越えていて、感情移入は一切できません。
他人を陥れて得た名声や地位に何の意味があるのでしょうか。
ここまで人を憎むパワーと暇があったら、
もっとマジックに磨きをかけて、自分の舞台で勝負すればいいのに。
っと思ったりしました。
見ていて気持ちのいい作品ではなかったのですが、
1本の映画としてはかなり上質。

●スケルトンキー
老夫婦の住む屋敷に住み込みの看護士として雇われた
主人公キャロラインが、とある部屋を見てしまった事から、
屋敷と、屋敷に住んでいた人間達の怖ろしい真実を知っていくという、呪い系(?)ホラー。
映像はとても綺麗で、屋敷と老夫婦の雰囲気もかなり素敵です。
ホラーといっても気持ちのいい恐怖を味わえる程度で、
どちらかと言うとサスペンスに近いので、ホラーが苦手な方でも見れそう。
「有名じゃなくても面白い作品はいくらでもある」と実感しました。
血の出ない、演出だけで怖く見せられるオカルトって素晴らしいと思う。
後味の良いラストではありませんが、なんとなく
冒頭から引っぱってきた重い雰囲気のおかげで、納得ができるので不思議。

あと7本…
 

拍手[0回]

PR

2008/08/25 (Mon.) ■生活

最新記事

カテゴリー

ランキングバナー

写真を気に入っていただけたら押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

駒子のヒトコマ

愛パグ“駒子”のブログ
komabana.jpg

メールフォーム

写真・イラストのご意見ご感想など、何かありましたらお気軽に送ってやってください。

Bookmark